日々徒然~映画とアニメなテレビ~

古き良き時代のハリウッドが大好きです。 でも、時代劇や漫画、アニメも大好きな 私の感想を、ボラボラ綴ります。

タグ:岩下志麻

<あの頃映画> 必殺仕掛人 春雪仕掛針 [DVD]

新品価格
¥1,990から
(2014/10/14 05:45時点)



「必殺仕掛人 春雪仕掛針」・・・私の好きな”緒方拳・梅安さん”です。
しょっぱなからエロいな~・・・これこそザ・必殺??な作品です。
そう、私は女ですが、昔の必殺は、見てはいけないモノ(殺しや色ってことね。)がたくさん詰まっていて・・・
それこそ人間の本能や醜さが詰まっていて魅力的だったんですけどね。
ジャニーズがやるとここまでの醜さは出ないなあ・・・

baiann

お話は・・・

正月の雪の降る夜、漆器問屋の一家が惨殺されました。
この事件・・・半年前、ここに後妻に入ったお千代が実は盗賊の首領。
彼女の手引きによるものでした。

この真相を知っているのは、昔は盗っ人で今は堅気となっている、お千代を育てた小兵衛だけ。。。

小兵衛は千代を立直らすにはお千代の子分たち・・・勝四郎、三上、定六・・・を殺すしかないと考え、仕掛人・音羽屋半右衛門に三人の始末を依頼したのです。

半右衛門の命を受けた梅安は、その始末を実行していきます。
が、千代は、昔・・・自分の女だったのです。

千代はまた仕事に入ります。
次に目をつけたのは大阪屋・・・そこの手代・幸太郎の誘惑に成功するものの・・・

と、話は続きます。

この映画の仕掛人は・・・藤枝梅安と音羽屋半右エ門。
小杉十五郎はまだ仲間ではなくって、梅安先生家の居候で梅安先生の秘密(仕掛人であること)を知っている唯一の人・・・という設定になっています。

そう・・・この作品で、仕掛人・小杉さんが誕生するのでした。


「梅安さんのお内儀さんになりたかった・・・」

やっぱりフィルムが良いですね。
画面も暗くって、汗臭さやドロドロ感が匂ってきそうです。

これぞ必殺!!って感じですが、今はこんな作品は表現的に引っかかるのでしょうね。。。

それにしてもお千代・・・岩下志麻さんとっても妖艶です。
さすが、梅安さんの昔の女。


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。


にほんブログ村

必殺仕掛人〈劇場版〉DVD-BOX(3枚組)

中古価格
¥3,179から
(2014/10/14 05:45時点)

必殺!!主題歌ベストセレクション~裏稼業の哀歌たち~

新品価格
¥1,580から
(2014/10/14 05:46時点)

鬼龍院花子の生涯 [DVD]

新品価格
¥2,389から
(2013/11/13 18:34時点)


夏目雅子さんがかっこいい作品です。
もちろん「なめたらいかんぜよ!!」です。

でも・・・鬼龍院花子=夏目雅子さんじゃないですよ。
夏目雅子さんは松恵です。

大正十年、松恵は土佐の大親分・鬼龍院政五郎の養女となりました。

そんな松恵の仕事は・・・政五郎の身の回りの世話。

鬼龍院家では主屋には正妻の歌が住み、向い家には妾の牡丹と笑若が囲われていて・・・
政五郎が出向く日を、その妾二人に伝えるのも幼い松恵の役目でした。

ある日、政五郎は女や子分たちを連れ土佐名物の闘犬を見に行って。。。
そこで漁師の兼松と赤岡の顔役・末長の間で悶着がおき、政五郎の仲介でその場はおさまったものの。。。
末長は兼松の持ち犬を殺すという卑劣な手段に出て、それに怒った政五郎は赤岡に出むきますが、末長は姿を隠していました。
その帰りぎわ・・・政五郎は末長の女房・秋尾の料亭から”つる”という娘を掠奪します。

kiryuuinn4


以来、政五郎と末長は事あるごとに対立することになります。
つるは政五郎の妾となり、鬼龍院の女たちと対立しながら・・・翌年、女児を産みました。
花子と名付けられ、政五郎はその子を溺愛。。。

勉強を続けていた松恵は、女学校に入学し・・・昭和九年、土佐電鉄はストライキの嵐にみまわれ、筆頭株主である須田の命を受けた政五郎はスト潰しに出かけます。
そこで政五郎はストを支援に来ていた高校教師の田辺恭介と知り合い意気投合、16歳になった花子の婿にしようとしますが・・・
警官を殴ってしまった田辺・・・獄中に面接に行かされた小学校の先生となっていた松恵に一目ぼれしちゃうのでした。

kiryuuinn


そして・・・ここから・・・政五郎一家の転落が始まるのでした。

さすが、五社英雄監督です。
怖い怖い。。。どろどろな人間関係がとってもすごくって、目が離せません。
あ~ギラギラと生きてるなあ!!
本能の赴くままに生きてる生きてる!!

そんな感じの映画です。

日本人だからわかるのか・・・俳優さんたちが上手だからわかるのか・・・
複雑な鬼龍院家の事情が説明もなしに解っちゃうのがすごいですね。

正妻以外に3人もの女を囲っている鬼政。
仲代達矢さんの演技は、もう・・・圧倒的。
さすが、幾人もの女を虜にするだけの男です。
そして・・・正妻の歌は、岩下志麻さん。
息をのむほどの妖艶さです。

kiryuuinn7

こんなに綺麗なのに、そして鬼政の事がきっと大好きなのに、ほかの女性のところに行く鬼政を許しています。
気の強い女を演じているのに、どこかかわいい
そんな歌です。
そんな歌は、きっと・・・きれいな松恵にも嫉妬して、でも、自分のような女にはなってほしくなかったと告白する処がやはり母なのでしょう。

そして一番有名なこのシーン。。。

kiryuuinn3

「なめたらいかんぜよ」のシーンです。

侠客の養女として育った松恵・・・。
本当にしんどい世界で生きてきました。
でも、真直ぐに学校の先生として生きてきて・・・
まっとうに生きようとしたのに、鬼政の抗争に巻き込まれ、その抗争で失った夫の遺骨を夫の実家に取りに行ったシーンです。

息子を失った父が・・・
「ヤクザもんには渡せん!!」
といった言葉に対しての・・・
「わては、高知の侠客・鬼龍院政五郎の・・・鬼政の娘じゃき、なめたら・・・なめたらいかんぜよ・・・!!」

なのです。

父を憎んでいたはずなのに、父のことをヤクザと言われ・・・”侠客だ!!”と、反論するわけです。
ちなみに、侠客は強者を挫き弱きを助けることを主義にした人。やくざはならず者。の事なのですが。。。

kiryuuinn2

最後・・・鬼政が娘・花子を助けに行くシーンです。
今まで荒くれ者の侠客だった鬼政の顔も、父親の顔になって・・・
なんだか父と娘の今までの確執もとけて・・・

でも、最後にはどんでん返しが待っているのです。
本当に、男と女って・・・人間ってよく分からない。
だからこそいいドラマになるのでしょう。

あっという間のドキドキな時間でした。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。

にほんブログ村

吉原炎上 [DVD]

新品価格
¥3,839から
(2013/11/13 18:35時点)

陽暉楼 [DVD]

新品価格
¥3,528から
(2013/11/13 18:35時点)

私がちいさいころにはまだあったような・・・
そんな世間のおはなしでした。


好人好日 SYK-116 [DVD]

中古価格
¥40,341から
(2013/5/31 15:17時点)



奈良の大学の数学教授・尾関は、こと数学にかけては世界的な学者でしたが、数学以外のことは全く無関心。

とかく奇行奇癖が多く世間では変人で通っています。
妻の節子はこんな尾関につれ添って三十年。
コボしながらも彼を尊敬し貧乏世帯をやりくりしてきました。

koujin_1[1].jpg

娘の登紀子は市役所に勤めていて、同じ職場の佐竹竜二と縁談が。。。
ただ竜二の家は飛鳥堂という墨屋の老舗で、竜二の姉・美津子はお徳婆さまに気に入るように色々と格式にこだわるのでした。

koujinkoujitu[1].jpg

と、話は始まります。

笠智衆さんと岩下志麻さんは、翌年の「秋刀魚の味」と同じ二人ですね黒ハート

OPがとっても可愛かったです。
手書きのようなオープニングクレジット、今でも使えるんじゃないかなあ・・・って、感心しながら見ました。黒ハート

そして・・・結婚するときは、こんなに大変だったんだなあ・・・って・・・
喜劇なので、もちろん楽しく見ることができますが、実際、結婚するって大変だよなあ・・・と、でも、微笑ましく見ました。黒ハート

普通の人生でも悲喜交々、こんなに楽しく観ることができるのだと、日本の映画には関心います。るんるん

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村

小津安二郎先生の思い出 (朝日文庫 り 2-2)

新品価格
¥525から
(2013/5/31 15:18時点)



作・山田太一 主演・笠智衆 『今朝の秋』

新品価格
¥3,360から
(2013/5/31 15:19時点)


「紀の川」観ました。

和歌山出身の私としては、身近に感じられて面白かったです。

紀ノ川 [DVD]

新品価格
¥1,982から
(2013/6/2 05:48時点)




原作は、有吉佐和子の「紀の川」です。



ストーリーは・・・

明治三十二年、二十二歳の春を迎えた紀本花は、紀の川筋の九度山から、紀州有功村六十谷の旧家真谷家に嫁ぎました。
夫敬策は二十四歳の若さで村長さんです。
婚儀は盛大なもので、紀の川を下ってくる花嫁行列は本当に綺麗な昔話のようです。

花を好いていた敬策の弟浩策・・・丹波哲郎さんですが、本当に男前です。・・・はうかぬ顔。。。
そう、兄嫁の司葉子さんがきれいすぎるのです。


そんな旧家に嫁いだ花。。。その花と、その娘、そして孫の三代の物語です。

安産祈願に慈尊院へ自分の乳房形を献上したり、紀ノ川が台風に荒れ狂う秋、長男政一郎が産れたり。。。

長男穣生の報に喜んだ敬策は紀ノ川氾濫を防ぐ大堤防工事を計画します。

敬策は県会議員に打って出ようと和歌山市内に居を移します。真砂町です。今でも県庁の近くにある、文教地区というか、一等地です。

やがて花は、日本海海戦大勝利の中で長女文緒を産みます。

この文緒、岩下志麻さんです。本当に、気の強い綺麗なお嬢さんです。十七歳の文緒は和歌山高女に学び、新時代に敏感な少女に成長しました。
もしかすると、私のおばあちゃんと一緒に勉強していたかもしれません。揺れるハート

おてんばで学校当局と派手に渡りあったりして花を嘆かせます。東京女子大に進学した後も、男女平等を標榜しカフェに出入りしたり、「女権」という同人雑誌の編集に参加したりして敬策や花を心配させました。
文緒には真谷家という家門や昔風の美徳に生きる花に対する反撥があったのです。

卒業後文緒は同人仲間の晴海英二と結婚します。。。

と、女の三代記ですが、司葉子さんの「和歌山弁」が、本当に美しいのです。
今は、こんなに綺麗な和歌山弁を話すことの出来る人はいないと思います。

「~~~のし。」と、締めくくる、おっとりとした表現。
他にも耳触りのいい和歌山弁のオンパレードでした。

そう、この花さんの生きていた時代は、こんな言葉を話していました。
私のひいおばあちゃんも。。。

ですが、今はあまり聞きませんね。。。
いわゆる「汚い和歌山弁」がはびこっています。


古き因習に凝り固まった時代をパーフェクトに表現していると思います。
ちょっとおどろおどろしい昔の田舎?金田一さんみたいなね。
そんな感じもしました。

本当に、紀の川の自然と、台風と・・・
台風は今でも来ますよ。。。
先日は冠水しましたし・・・
これは・・・和田川ですが・・・揺れるハート
P6220457.JPG

この人がいたから紀の川の堤防が出来たのかしら???
いろいろ歴史も調べて見たくなりました。黒ハート

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村

小津安二郎監督の「秋刀魚の味」です。

お父さんは笠智衆。

この作品は、小津安二郎監督の遺作となりました。

お話は、婚期を迎えた美しい娘・路子(岩下志麻さん)は、母のの亡くなった後の家の・・・父と弟の面倒を見ています。

でも、24歳・・・「婚期を迎えた娘を、父親が嫁に出すまで」という、家族の何気ない生活を切り取った作品です。

『秋刀魚の味』予告編

あの頃映画 秋刀魚の味 [DVD]

新品価格
¥2,158から
(2013/6/3 15:47時点)




紳士なお父さんが、娘を嫁に出す。。。

最後に残るのは、ただ寂しさだけ・・・。

いつも人間とは一人だ・・・。


嬉しいはずの嫁入りも、父にとってはそうではなかったのかもしれません。

そんな、父親の気持ちがたっぷりと詰まった作品です。

いつも書いていますが、名作は「ごちゃごちゃ語らない」ところが良いですね。
自分の気持ちを作品に込めることが出来る、そんな作品だったと思います。

やはり、名作でした。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

小津安二郎大全集 ( DVD 9枚組 ) BCP-027

新品価格
¥1,480から
(2013/6/3 15:47時点)



日本映画 永遠の名作集 (DVD 9枚組) BCP-049

新品価格
¥1,400から
(2013/6/3 15:48時点)


このページのトップヘ